(=^・・^=)の本棚★出会うべき本には、きっと会っている

読書記録と、私の思いを書いていく本棚(Blog)です。

地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし

せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし (大型絵本)

せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし (大型絵本)


「地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし」とあるように、地球上で生きているあらゆる命の歴史について語っている絵本。

 

で、このお話が1つの長い長い芝居のような感じでナレーターが語る雰囲気があるの。子供に語って聞かせるのに良いだろうなと思うと同時に、大人が読んでも面白い本だなと思う。科学の入り口として読むのにも充分と思う反面、情報は多少古いかもしれない(この本は、40年も前に書かれているからそれは無理もない)。
この本の原書は、こちら。

Life Story

Life Story


見てみたい気もするが、新生代とか古生代とかっていう言葉ってどう表すのだろう?
Virginia Lee Burtonという方は、他にこんな本も書いていますね。

 

Katy and the Big Snow

Katy and the Big Snow


Choo Choo (Carry Along Book & Cassette Favorites)

Choo Choo (Carry Along Book & Cassette Favorites)