(=^・・^=)の本棚★出会うべき本には、きっと会っている

読書記録と、私の思いを書いていく本棚(Blog)です。

よ、読みたいっ!!

 

見知らぬ明日―グイン・サーガ〈130〉 (ハヤカワ文庫JA)
 

 

グイン・サーガの130巻「見知らぬ明日」、いつの間にか出てたのねー。


著者の栗本薫さんがお亡くなりになったので、(作品としては)未完の

大作になるんだけどね。何せ、著者の構想では「豹頭王の花嫁」が本

来の最終巻だったから(T_T)

 

62巻以降、この作品に追いつけず(61巻までは殆どの本編を買ったり

借りたりして読んでた)そのうち追いつきたいなと思いつつ過してきた

ので、実物を見ないうちは最終巻という実感が沸かないかも。


高校時代から読んでいた作品なので、実際に読んだら寂しい気分に

なるんだろうなあ。62巻以降の購入をしていないので、先に図書館か

ら借りられるものを借りて読んでいった方が良いのかな。それから、少

しずつ集めて再び読んでいけたら、良いなあ。

 

 

(追記:記事移行作業中の2016年7月現在、まだこの作品を読めていません…)