(=^・・^=)の本棚★出会うべき本には、きっと会っている

読書記録と、私の思いを書いていく本棚(Blog)です。

天才 柳沢教授の生活(28)

 

天才 柳沢教授の生活(28) (モーニング KC)

天才 柳沢教授の生活(28) (モーニング KC)

 

 

例によって、旦那が購入したシリーズ本です。もう、28巻ですか!息の長いシリーズになってますね。安心して読める作品群なので、つい読んでしまいます。


今回は特に、「月と機関車」という作品に惹かれました。柳沢教授の孫のまもるくんは小学生なんですが、勉強嫌いです。でも、従妹の華子ちゃんのすることには興味を持つ可愛い子です。話の中では、まもるくん、九九が憶えられないのだけど、華子ちゃんは習ってもいない九九を暗誦出来るまでになっています。


恐らくは丸暗記しちゃったのだろうとは思いますが、その勢いに巻き込まれたまもるくん、どうやら九九に興味が持てた様子です。その時の彼らの様子がとても面白くて、良かったです。この2人、なかなか良いコンビかもしれません。それを見守る教授と、正子さんの観察眼も素敵です。


そういえば最近思うのですが、正子さんって何だかんだ言いながら案外、教授に巻き込まれているのを楽しんでいるフシがあるような(笑)どうも、同類のニオイを感じます。彼女は恐らく、人生に飽きを感じる暇が無さそうですね。