(=^・・^=)の本棚★出会うべき本には、きっと会っている

読書記録と、私の思いを書いていく本棚(Blog)です。

くじけないで

 

くじけないで

くじけないで

 

 

今日、たまたま知り合いの方から頂いて読んだ詩集です。それまで特に機会もなかったので、著者の柴田トヨさんの詩を読んだことは全くありませんでした。この方は90歳を越えてから詩作を始められたそうですが、詩を書くのに年齢は関係ないなあと改めて教わった気がします。想像ですが、恐らく著者は若い頃の感性を保ったまま、歳を重ねて来られたのではないでしょうか。私は、何となくそんな気がします。


この詩集は、「いくつになっても、これからだ」という風に教えてくれているような気がします。そんな風に言える人になりたいです。なれると良いな。


ところで・・・自分を振り返ってみると、若いときに少し詩を書いていたことはあるのですが、最近は思い出したようにBlogに書くぐらいになってます。本当は、ノートにでも書いていた方が良いのでしょうけれども。ああ。また、気が向くことがあったなら書いてみたいものです。