(=^・・^=)の本棚★出会うべき本には、きっと会っている

読書記録と、私の思いを書いていく本棚(Blog)です。

世界はいっしょにまわってる

 

世界はいっしょにまわってる―ヨコ軸でつなぐ日本史と世界史

世界はいっしょにまわってる―ヨコ軸でつなぐ日本史と世界史

 

 

「日本史と世界史とをつなけて見ると、意外なことが同時期に起きてるよ!? と言う本。但し、コンセプトそのものは、本当にとっても良い。でも、それに対して内容はストーリー性に欠けるので、私としては少し不満が残ったものであった。アイディアは良いのに、何でこうなった?


本の監修をされた池上彰さんは歴史の勉強が苦手だったそうだけど、確かに日本史と世界史とを別々に勉強してるだけだと面白くなかっただろうと思う。受験対策で勉強するにしても、覚えるべき物事が多いから、苦手な人はトコトン苦手になるんじゃないかな。でも、国際ニュースなどに触れたとき、多少でも歴史の知識があるのと無いのとでは理解の仕方が全く違うと思うし、興味の持ち方も変わってくると思う。


私は歴史年表を見るのが割と好きだったので、同じような発想で年表を比べてみたりして面白がってた気がする。あと、自分の親が大河ドラマや時代劇をよく観る人だったこともあり、歴史の勉強そのものに違和感がそんなに無かったというのもあるかな。まあ、暗記だけしてるということは殆どなかった学生時代を過ごしたなあ。(一応、語呂合わせしてる本を高校受験の頃に読んだことはあるけど)


そう言った意味で、本を開くと、左側に日本での出来事・右側に世界での出来事が年代順に書かれているので、見比べて読むというスタイルは面白いかと思われる。最初に書いたとおり、ストーリー性に欠けるので、どうしても小ネタ的な話になってしまうのは否めないが。(まあ、本の厚さ自体が薄いから仕方がないか)あとは、どんな基準で取り上げる出来事が決まったのかが分からない・・・というツッコミがしたくなるかもね。