読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(=^・・^=)の本棚★出会うべき本には、きっと会っている

読書記録と、私の思いを書いていく本棚(Blog)です。

うちのトコでは

 

うちのトコでは

うちのトコでは

 

 

都道府県の擬人化マンガとしては、面白い部類じゃないかな?と言っても他のはAmazonでのレビュー見て、何となく読む気にならなかったけれど。ま、この本についてもAmazonではWebマンガからの採録が多いと書かれてたけど、元の媒体を考えれば当然な訳で、そこに文句たれるんなら買わなければ良いのにと思ったのだが。なので私は、それに関しては一切気にしなかった。


あと、書き下ろし作品の「夢の架け橋」では思いっきり感情移入してしまった。。震災があった後に読んだせいもあるかと思うけれど、つい作品中の神戸さん・淡路さんと現在の東北の皆さんたちとを重ね合わせてしまった。それから、本四連絡橋に関して簡単に調べてみたんだけど、そもそもあれは海難事故が多かった地域だったからこその悲願でもあったのかなと思った。瀬戸内って意外に海難事故が多かったんだ、と初めて認識した。


その他、県民性ネタはなかなか興味深く読めて楽しかった。わらわらしてて、愛知さんが好きなぎふさん、かなりツボに入った。ぎふかわいいよぎふ。天然な愛媛ちゃんと、姐御な福岡さんが見てて楽しい。よだきい大分さん、東京さん大好きだけど不憫な子、埼玉くんもなかなか面白い。だが、東京のオタクっぷりは何とかした方が良さそうだ。ここはひとつ、京都さんから何か言ってあげて欲しい(でも断られそうな気がしてきた)。