(=^・・^=)の本棚★出会うべき本には、きっと会っている

読書記録と、私の思いを書いていく本棚(Blog)です。

生き抜くための数学入門

 

生き抜くための数学入門 (よりみちパン!セ)

生き抜くための数学入門 (よりみちパン!セ)

 

 

さらっと読める割に、「考えさせる本」という印象が残った。このシリーズの読者層は中高生くらいかと思うのだけど、こいつは結構手強いかもしれない。でも、最後まで興味深く読める本でもある。


数学は、ただ何かを計算するだけの道具ではなくて、物事を論理的に考える方法でもある。でも、そういう話って、自分の学生時代に出会った記憶が殆ど無い。また、自分でも気付かないまま大人になってしまった。そんな大人が読んでも、全く違和感はないんじゃないかと思える本であった。


それはそうと、この本の中で私が一番面白いなと思ったのは、「自然数を人間は完全に理解することは出来ない」という話だった。自然数の中には、それこそ色んな数があるから、それらの性質を全部知りたいと思っても無理らしい。まあ、数直線そのものも不思議すぎて面白かったけど(o^∇^o)ノ (あんまり分かっていない部分もあるとは自覚してるが、それでも面白かったので)