(=^・・^=)の本棚★出会うべき本には、きっと会っている

読書記録と、私の思いを書いていく本棚(Blog)です。

真田太平記(三)上田攻め

 

真田太平記(三)上田攻め (新潮文庫)

真田太平記(三)上田攻め (新潮文庫)

 

 

家康による上田攻めから話が始まる巻。真田家存亡の危機に際し、智謀を巡らし武勇をもって撃退するところから昌幸は家康や秀吉から一目置かれるようになる。信幸・幸村兄弟もそれぞれ婚姻の話が出たり、お互いの距離が離れていったりと彼らを取り巻く状況もまた変化してきた。秀吉による小田原攻めの序章となった、名胡桃城での小競り合いは・・・鈴木主水が気の毒に思えてきた。が、そういう作戦はきっと普通にあったのかもしれないと思った。それにしても、偽の命令書を見破った矢沢頼綱は流石だと思う。北条氏側は見事に騙された恰好になったが、いずれにしても彼らは自滅する方向へ行ってたのかもしれないな。

それと、樋口角兵衛の動きは今ひとつ分からない。いったい、彼は何に突き動かされているのか?幸村に対する態度が変わったのはともかく、この先の話にどう絡んでいくのかが気になるところだ。