(=^・・^=)の本棚★出会うべき本には、きっと会っている

読書記録と、私の思いを書いていく本棚(Blog)です。

僕と日本が震えた日

 

僕と日本が震えた日 (リュウコミックス)

僕と日本が震えた日 (リュウコミックス)

 

 

旦那が買ってきた本を拝借して読んでみた。震災を身近な被害から捉えてみると、見えてくるものは人によって様々である。が、少なくとも「家族」がその時どうしていたか、自分の周囲は大丈夫か、は誰でも感じることだろう。そういうことから話が始まって、著者の場合は出版業界の話が出るし(この業界もかなり被害が出たとのこと)、放射能の話(測定機器の正しい使い方も出ている)、被災地の様子などが漫画で表現されている。ところどころギャグも交えているのでクスッと笑う部分もあるけれども、全体的に読みやすい作品だと思う。放射能は、正しく知って怖がることが大切なんだなと再確認した。


あの震災からそろそろ1年になるが、終わったことなど何ひとつない。少なくとも余震に怯える日々は暫く続くし、放射能への不安を抱える日々は終わらないだろう。それこそ、昔のSF漫画のような放射能除去装置でも開発出来れば別なんだろうけど(+_+)そんななか、メディアから流される被害の話は本当に酷い場所の話に偏りがちで、まるでそれしかないような錯覚に陥らせるが本当は違う。身近な場所での身近な被害について、考えることも見ることも大切だ。つい、目をそらしてしまいがちになるけれど。


あと、個人的には著者のユーモアが上手く作用した感じになった作品なのが良かったと思う。この手のルポって、文章や漫画、そして映像の形でも深刻な場面ばかりが強調されることが多いので、そればかりではない表現というのに少々驚き、感心したので。特に放射能関連の話は、本当に深刻な話だということは誰でも知っている。でもそこで敢えて深刻さばかりを強調することなく話を進めることで読みやすい印象を与えるのだから、もっと読まれても良いかなと思ったのだった。