(=^・・^=)の本棚★出会うべき本には、きっと会っている

読書記録と、私の思いを書いていく本棚(Blog)です。

幸せの種まき〈2〉奇跡の軌跡

 

幸せの種まき〈2〉奇跡の軌跡

幸せの種まき〈2〉奇跡の軌跡

 

 

ひとことで言ってしまうと、この本には無限大の愛が詰まっている。


愛には色も形もないけれど、もしあったら十人十色に見えるだろう、と私は思っている。勿論、実際には目に見えるものではないから、感じるしかない。愛は、いつだってそこに存在するのだけど、感じることが出来るかどうか?そこだけが違うんじゃないかな。


世の中には様々な人がいて、様々なことを考えていると思う。愛もまた、そういう存在なのかなと、私は感じている。そして、この本との出会いと、著者の緑さんに感謝している。


この本に出会うきっかけは、昨年9月に読んだ『ユニコーンと魔法の愛の種』を読んだことだった。その時、とても気になって、すぐに入手していた。で、実はすぐに最初の話である「心配の種」だけを読んでいたのだった。・・・と言っても、10月某日にあった試験の朝だったんだが。その時の私は、この本のおかげで、かなり心が落ち着いたような気がした。


「心を配ること」と「余計な心配をすること」とは違う。心配して変えられるものなら良いけど、多くの場合そんなことはない。それならば、変えられるものを探して変えてしまった方が良い。私も、そう思った。もっと言えば、緑さんと結構シンクロしてるなってその時にも感じたのだった。だからかもしれないが、何度でも手に取りたい本になったのだ。


そして前にも書いたけれど、緑さんの作品を知るきっかけを作ってくれた、あっきーに感謝している。ありがとう。