(=^・・^=)の本棚★出会うべき本には、きっと会っている

読書記録と、私の思いを書いていく本棚(Blog)です。

るくるく 10

 

るくるく(10)<完> (アフタヌーンKC)

るくるく(10)<完> (アフタヌーンKC)

 

 

旦那が買ったものを拝借して読んでみた(記憶は定かではないが多分、全巻読んだはず)。


面白いと言えば面白いんだけど、この巻だけ少し毛色が違うと旦那が言ってたように、何だかギャグっぽくなかったなあ。それにしても、堕天使ですか。ある意味、どこかで見たシチュエーションかと思える。うーん、何だったのか。まあ、読者により感じるところは違うと思うのだけど。


そしたら、この話の主人公・瑠玖羽って、どこから来てどこへ行くというのだろう?彼女に巻き込まれてる感がある、六文も結構謎な少年なんだけど、最後はごく普通の家庭の子供だったという話になってしまう。「悪魔」対「天使」の構図にまで展開させた割に、ラストは特にそれで盛り上がるわけでもない。何だか物足りない最終巻のように思えた。


恐らくは何かが抜けていて、どこか、中途半端な作品になっちゃったのかなと想像してしまった。