(=^・・^=)の本棚★出会うべき本には、きっと会っている

読書記録と、私の思いを書いていく本棚(Blog)です。

日本人の知らない日本語

 

日本人の知らない日本語

日本人の知らない日本語

 

 

書店で何気なく手にとって立ち読みしたら、笑いを堪えるのが大変で、思わずそのまんま購入してしまった本です。いやはや、面白すぎます。日本語学校の先生と、その生徒さんたちのやりとりが何とも楽しく、且つ、日本語について考えさせられる作品です。


日本語に関するエッセイだったら、過去に何度か小説家などの作品などで読んだことはあります。ですが、「エッセイ漫画」という形式で、「日本語」を扱ったものは初めて見た気がします。外国人から見た日本語は、多分、日本語話者以上に難しい印象がありそうです。


何てったって、漢字の読みは何通りもあることが普通ですし、助数詞はあるし、助詞の使い方・敬語の使い方に至っては日本語話者の私達でさえ間違える代物ですからね。だから、外国人が日本語を学ぶというのは結構大変だと思うんですよ。それに、最近よく聞かれるバイト敬語など、私ですら「何とかしてよ!」って言いたくなる言葉遣いを覚えちゃうと矯正するのも大変そうです。あと、私達日本人が何気なく使っている言葉にも、その歴史が垣間見られて、興味を惹きました。


「言葉は生き物」と、よく言われることではあるから少しずつ変化していくのは仕方がないです。でも、それならば、せめて日本語を学び続けていくことを疎かにしてはいけない気がします。