(=^・・^=)の本棚★出会うべき本には、きっと会っている

読書記録と、私の思いを書いていく本棚(Blog)です。

懐かしくも新しい「星へ行く船」シリーズ

今朝 Twitterで、こんなまとめを見ました。

 

togetter.com

 

いやあ、一番多感な時期に読んだ本のシリーズが新装版で

出るなんて、嬉しいですね!昔、コバルト文庫で全部揃えて読

みましたから、懐かしさもひとしおです。

 

それに、このまとめを作られた方、分かってますね〜。わざわざ

10代の彼女の文体で紹介文を書かれています。昔からのファン

にとっては、これは萌えポイントですよ、ホントに。なんか、気持ち

だけは、あの頃に戻れそうです。

 

えっと、まとめです。『星へ行く船』は新井素子さんの四冊目の本にあたりまして、1981年から1987年にかけてシリーズ全5巻がコバルト文庫から刊行されました。(他に番外編『星から来た船』全3巻もあります) さて。その完全版は、出版芸術社より2013年夏に刊行、と一度は予告されたのに、なぜか延び延びになりまして。待ちかねるファンは随分気にしていたのですね。それがなんと、唐突に刊行スケジュールが告知され、驚きと歓喜の声がTLにあふれたので、まとめてみました。

 

 

あとがき作家の新井さんのことですから、また、新しい「あとがき」が

追加されるのでしょうか。楽しみですね〜o(^-^)oワクワク