(=^・・^=)の本棚★出会うべき本には、きっと会っている

読書記録と、私の思いを書いていく本棚(Blog)です。

今日の本

この記事は、昨年の1月5日に書いたものを加筆修正して再掲載しています。*1

 

最近あまりにも読書量が減りすぎてしまったので、自分でも呆然としてしまっています。読みたいと思って図書館から本を借りたり、自分で本を購入したりしているのに、読み切れていないことが多くなってしまって(´・ω・`)ショボーン

 

もうちょっと何とかならないものかな…。

 

本は少しずつ読んでいけば良いとして、これを続けるためにはどうしたら良いかと考えてみたんです。普段利用している読書メーターではカレンダーにチェックを入れられるようになっているんですが、毎日の読書記録として書けるのはそれくらいだった気がします。

 

それで、このブログに「いま読んでいる本」の記録を残そうと思い「今日の本」というタイトルで簡単にメモを残すことにしました。感想や引用は、書ける時に書くスタイルにしようと思います。*2

 

・・・と言う訳で、今日は、この本を読みました。

 

 

 

 

だれでも書ける最高の読書感想文 (角川文庫)

だれでも書ける最高の読書感想文 (角川文庫)

 

  

(範囲)

1ページ〜50ページ

(内容など)

第1章:きみにも「最高の読書感想文が書ける!

人は基本的に、おもしろいこと、楽しいことをほかの人に伝えていっしょにおもしろがりたいもの。

「やらされるから仕方なくやりました。でも結果として、すばらしいのができちゃいました」などということもありえないんです。

  • 「やらされている感」は捨てよう。
  • 「これは自分のミッションだ!」と思ってしまう。
  • やる気をダウンさせるネガティブな言葉は使わない 。

 

上手に書こうなんて思わないで、気軽な気持ちでカンタンに書けるようになるのがまず先。

 

自分の感じたこと、思ったことをきちんと言葉にして人に伝える能力がとても重要になっているのです。

 

まあ、うまいこと言う必要なんてないですね(笑)

 

*1:元の記事は削除しました。

*2:読み始めて一気に読んでしまった時は、普段通りの書き方にします。