(=^・・^=)の本棚★出会うべき本には、きっと会っている

読書記録と、私の思いを書いていく本棚(Blog)です。

ANNE OF GREEN GABLES

昨日、Active English3月号を買ったんだけど、英語で味

わう物語のコーナーで「赤毛のアン」の一部分が掲載さ

れているのを見て、売り場にあった洋書を探してしまった

(^o^)

 

そしたら、Penguin Readers Level 2のシリーズで発見!

昨日は迷ったけど、やはり気になったので買ってしまった

(^^ゞAmazon価格よりも安かったし・・。 

 

*ANNE OF GREEN GABLES              PGRN2 (Penguin Readers (Graded Readers))

*ANNE OF GREEN GABLES PGRN2 (Penguin Readers (Graded Readers))

 

 

YL:2.4 総語数:8,000


あのう、あっという間に読み終わってしまったんだけど・・。ウソみたい!

1~2度中断したけど、その後は加速がついたみたいに読んでる自分がいた\(◎o◎)/ちょっと信じられない!

 

昔、村岡花子の訳で赤毛のアンシリーズを全巻読んだから知っていた話ではあったんだけど、学生の頃は英語で読むことがあるなんて思いもしなかったなぁ。ただ、書評で読んでて知っていたこととは言え、やっぱり細かいエピソードが少し違ってたり削除されてたりしたのには、少し不満が残ってるかも(^_^;)ん~駆け足みたいに物語が進んだようにも思ったせいかも?


でも、主要なエピソードはバッチリあったので昔読んだ本やアニメを思い出しつつ読んでいたような気がする。会話部分が結構多かったから、読みやすいと感じた理由はそれもあるのかな?今度は、もう少しだけ語数の多い本をみてみたくなった。昨日書いたハイジの本と一緒に、Amazonで買ってしまおうかな?(ぉぃ)さっそく狙っているのであります!うふふ。正直言うと、辞書を引きたいと思った単語も当然あったけれど引かなくてもだいたい「こうかな?」と想像しているところもあるんだけどね(^^ゞ