(=^・・^=)の本棚★出会うべき本には、きっと会っている

読書記録と、私の思いを書いていく本棚(Blog)です。

天才 柳沢教授の生活(29)

 

天才 柳沢教授の生活(29) (モーニング KC)

天才 柳沢教授の生活(29) (モーニング KC)

 

 

相変わらず面白くて、ついつい読んでしまいました。どの話も良いけれど、教授の孫のまもるくんと華子ちゃんの出てくる回が興味深かったです。まもるくんと華子ちゃん、またひとつ良い経験をしてましたね。→「二つの太陽」「労働の価値説」


教授自身の話としては、「まだまだ子供だ」という話で高齢になった自分の父親との交流を通して、老いていく父親と向き合っている姿が何とも印象的でした。誰でも年を取るし、忘れていくこともあります。覚えていなくても困らないようなことって、もしかしたら都合良く忘れちゃうのかもしれません。それで、良いのかも。