(=^・・^=)の本棚★出会うべき本には、きっと会っている

読書記録と、私の思いを書いていく本棚(Blog)です。

信長の忍び(4)

 

信長の忍び(4) (ジェッツコミックス)

信長の忍び(4) (ジェッツコミックス)

 

 

秀吉が不死身すぎる!けど、そこで救われる話が多いかな。金ヶ崎での敗戦から姉川の戦いに至るまでのエピソードが中心の巻。信長が暗殺されそうになったり、お市が織田家に戻ることを拒んでみたり、浅井・朝倉連合軍との戦いに入ってきたということは、次か、その次あたりで悲惨なことになりそうだ(__;)


さて、これからは信長苦難の時代に突入ですな。連載で読んでいても、ついつい続きが気になってしまう作品だよね。(ついでに結末も予想はつくんだけど、あくまでも作品はフィクションが入っているので、その意味で気になる)後半生が分かっていない帰蝶さんがどう描かれるのか、本能寺の変はどう描かれるのか。


それに、松永久秀の裏切りはあるのか?とか(爆)