(=^・・^=)の本棚★出会うべき本には、きっと会っている

読書記録と、私の思いを書いていく本棚(Blog)です。

主婦パート 最大の非正規雇用

 

主婦パート 最大の非正規雇用 (集英社新書 528B)

主婦パート 最大の非正規雇用 (集英社新書 528B)

 

 

立ち読みでざっと読んだだけだけど、当たり前のことを当たり前に書いてるんだなと感じただけだった。ってゆーか、今ごろそんなことを言うか!とさえ思ったのだが。


「主婦パートは、お気楽な働き方をしている」と考えている人が実際にどの程度いるかは知らないが、現場は違うと思う。この本にもあるとおり、家計を維持するために働いている人が殆どだと思う。でも、正規雇用ではないために、賃金は正社員より低く抑えられる割に正社員と同じような働き方を求められている。その実態について語られている本である。


私は、ざっと読んだだけなので全部は目を通していないのだが、もし現状の状態が続くのだったら少子化は止まるはずがないと断言する。こんなんじゃ、やっていけないから。そういう意味では、広く読まれても良いかもしれないと思った。


でもさー、こういうのって、男性が自分の身に降りかからないと自分たちのこととして認識しないんだよね。非正規雇用のことにしたって、そうだけど。こういうことって、昔から女性の問題として片付けられていたことだからね。